CONVERSE

箱を見たらつい帽子を被せたくなりました。

ホッチ
こんにちは、アマンゾポチ男ホッチです!

皆さんはコンバースのデビューはいつでしょうか。

自分は中学1年生の頃、バスケ部に入部した時に最初はコンバースが良いと言われ履いたのが初めてでした。

以来20年以上ぶりにCONVERSEを履いたので、レビューと合わせてコンバースのお話を書いてます。

CONVERSE

コンバース.ラバー.シュー.カンパニー

コンバースの歴史の始まりは1908年

マーキス.M.コンバースと言う人が会社を設立し製造開始したそうです。

彼がそれまで勤めていたアメリカのマサチューセッツ州では、雪が多く降り深い森や湿地帯と言う自然環境から。

作業しやすいラバーシューズを作ったのが始まり。

設立から翌年には品質の高さが人気となり。

2年後の1910年には従業員を350人抱えるほどの大きな会社になったそうです。

ホッチ
2年で大きな会社にするのって本当スゲー。

CONVERSE ALL STAR誕生

設立から9年

もともと雪の降る冬の環境に合わせ考えられたコンバース。

通年売れる靴も必要だと考えて着目したのは。

バスケットボール

YMCAで教鞄をとっていたネイスミス博士とゆう人が冬場でも出来るスポーツとして考案したスポーツシューズとして試行錯誤し。

1917年にバスケットボール専用シューズが完成。

デザインは当時とほとんど変わっていない所が凄い

YMCAとは。

キリスト教青年会(キリストきょうせいねんかい、Young Men’s Christian Association)の略

Wikipedia
ホッチ
ずっとバスケ部だったけど、バスケが生まれた歴史は初めて知りました。

バスケットボールスタープレイヤー

チャールズ・H・テイラーがプロ入団と同時に現役時代に愛用し、引退後も全米中に広めたり品質改良に取り組む。

今でこそくるぶしにあるスターマークは彼の功績を称え名前を『アンクルパッチ』に記したのが最初。

アンクルパッチとは。

くるぶしを保護するための円形のパッチの事

CONVERSE公式サイトより

今見る星のマークは1928年と後の事ですが、それまでも、その後も時代に合わせて変化している様です。

ホッチ
いつの時代も本質はそのまま変化する事も必要なんですね~
その他の歴史
1935年 バトミントン、テニス、スカッシュ等のコートシューズ 1940年 テニスシューズ誕生 1957年 ローカット登場 1975年 ランニングシューズ 1976年 PRO-LEATHER登場 レザー製のバスケシューズ 1977年 STAR FIRE WORLD CLASS TRAINER発売 メッシュ素材防水性の高いランニングシューズ

と。まだまだ間にも2000年までヒストリーは続くんですが笑

こうして見ると、スポーツを中心に足の事を考え。

機能性を見直したり加えたりしながら変化してきているのがわかりました。

2008年には100周年記念もあり、一世紀経つのにデザインはほぼ昔のままと言うのは凄いですよね。

最近では目まぐるしく見た目も変わりすぎるものあるなかで、安定した商品と言うのは飽きが来ない様に思います。

今回買ったコンバース

1957年に登場したローカットのコンバース

こんな感じで届きました♪
26センチ(アメリカ表記は7.5)

ナイキのバッシュだと26.5センチだったり。

ブランドによって若干違う事もあるので、自分の足の事を知っていた方が良いですね。

中の包み紙がコンバース
これは地味にテンションあがる

包み紙とかにもデザインされてるとか好きなんですよね~

こちらが今回のデザインです。

デカ文字デザインに惹かれ選びました。

中の印字デザイン
両足揃えるとCONVERSE♪

これ、あれだね!揃いの指輪にありがちな二人合わせるとラブラブ的な笑笑

かかとに指先が入る位の余裕がありますね
ホッチ
今回歴史も知るきっかけとなったコンバースでしたが。 冒頭に描いたように中学のバスケ入部時代 初心者はコンバースを履いた方が良いと言われた事が20年以上経って知ることができました。

懐かしいのに新しい靴、CONVERSEを履いて日々過ごしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA